青汁を子供にどうにかして飲ませたいママ急増中!!

青汁の栄養素

青汁の栄養素っていったいどんなものが入っているの?
ママ達が子供に飲ませたいって思っているらしいけど、どういう点が人気なの?
小さい子供がいる人の多くが、子供に青汁を飲ませたいと思っているとか。特に栄養面を気にするママさんや、子供の成長に興味深いママさんは特にそう思っているらしいですよ。

 

ママ達もママ友とかネットでママ達のグループを作ったりしているので、そういうことに疎かったママさんも興味を引いてしまうらしいです。
なるほどね〜と思いながらも、今はこうやってママさん達も情報入手しているようです。

 

話はそれましたが、青汁の栄養素は数多くあり、配合されているものによって違いがあります。
ビタミン類、ミネラル成分、食物繊維この3つはどのような青汁であっても、基本的に配合されていることは間違いありません。
これら成分は、子供が嫌いな緑黄色野菜に多く含まれる成分であることは確か。
子供の健康と成長に欠かせない成分です。
また、免疫機能にも関係して来ますし、便秘にも関係して来ます。
近年は、野菜嫌いの子供が多く、子供の便秘に困っている親も多いとか。便秘で苦しいということ以外にも便秘にはあらゆる病気の可能性を高めてしまうので困ったものなのです。

青汁はおいしくないのか?

青汁はおいしくないのか?そう聞かれると困ってしまいますよね。
というのは、私は青汁の味そのものをマズイと思うことはそうありません。どちらかと言うと、商品によってはおいしいと思うこともあります。
しかし、友達に言わせると「すっごくマズイ」と言うんです。
こればかりは好みの問題とも言えるでしょうね。
私の場合は、緑黄色野菜が好きですし、抹茶のような味が好きなのでこのような感想になるのだと思います。
やはり、緑黄色野菜があまり好きでない場合は青汁がおいしいとは思えないのではないか?ということです。
だったら飲めない・・・と思ってしまいそうですが、そのような心配はいりません。というのは、青汁そのものがどのようにでも変えられるものだからです。

 

青汁には、粉末タイプと冷凍タイプ、タブレットタイプがあります。
中にはゼリー状になっているタイプもありますが、このタイプはすでに変えようがないですね。結構おいしいらしいですよ。
私が変えられると言っているのは、粉末タイプのことです。
粉末タイプは、水に溶かして飲むというスタンダードな飲み方でしか飲めないものではありません。それぞれの趣味に応じて飲み方を変えていけばいいのですから。

 

青汁を比較して選びたいという方はこちら 

青汁を子供に摂らせたい!どうすればいい?

青汁を子供に飲ませたいという気持ちはよ〜く分かります。
これから成長する子供達が順調に成長してくれることを願うのは当然のことですよね。しかし、それが難しいということも言えるのです。
子供達が大人である私たちが子供の頃よりか病気が多くなって来ていることの理由のひとつに、しっかりと栄養素を摂取していないという現実があるようです。
私たち大人が子供の頃と比べて、あまりにも食事というものに関して準備が楽で簡単になりました。
これは、大人が楽になったというだけで、子供にとってはあまり良いことが無いようにも思われます。

 

子供にとっては、甘いものや食べやすいものを好む傾向があります。これは仕方のないことです。
そのような時に、甘いものや食べやすいものばかり与えていたら、野菜嫌いになることは想定内のことなのです。

 

しかし、楽をするということは悪いことばかりではありません。楽をしてでも栄養価をしっかり摂取できるという意味での楽は必要な楽と考えられます。
これが青汁なのではないかと思われます。
子供に青汁を飲ませたいという場合は基本的な水に混ぜるというのは絶対にNG。最初からこのやり方をしていると確実に青汁を飲んでくれなくなります。
やはり工夫が大事ということなのです。

青汁を摂ることで子供のアレルギーを緩和

青汁を摂ることで緩和できるのがアレルギーです。アレルギーの緩和に青汁が効果があると言われているわけにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

●食物繊維
今の子供達の多くは、便秘らしいのです。もしくは、便秘傾向があるとか。
子供のうちから便秘だと将来的にはどうなるの?と思ってしまいますよね。これを解決してくれるのが食物繊維です。
食物繊維を摂取するとお通じが良くなることは多くの人が知っていますが、お通じが良くなるというだけでなく、アレルギーに便秘が関与しているということから考えても、便秘は確実に解消しておきたいことのひとつです。

 

●ケール
青汁の原材料の中でよく見かけるケールですが、このケールにはアレルギーを緩和する効果があるとされています。
ケールにはフラボノール配糖体と糖脂質が含まれており、この成分はアレルギーを起こさせないようにする成分です。
青汁の種類は多くあり、その原材料にも違いがありますが、ケールを配合したものを選ぶことがアレルギー緩和に効果を発揮するでしょう。

 

●乳酸菌
最近話題になっていますが、乳酸菌にはアレルギーを抑える作用があるとか。
青汁の中にも乳酸菌が配合されているものがありますが、このようなものを選ぶとアレルギーの緩和に効果を発揮します。

子供でも飲みやすい青汁について

青汁の種類を選ぶ時に、子供でも飲みやすいタイプのものを探したいというママさんは多くいます。
一般的な青くささのある青汁であっても、混ぜるものに工夫したりすれば問題ないと思いますが、念には念をということなのでしょうか?子供さんが飲みやすいタイプの青汁もあります。
私もあらゆる青汁を飲んで来ましたが、青汁って本当にメーカーによって味の差が大きいのです。
そこで、青汁でも飲みやすいものの特徴をまとめてみました。

 

●はちみつ配合タイプ
青汁でも甘さを出すためか飲みやすくするためか?その両方のためにはちみつを配合しているタイプがあります。
このタイプは飲みやすいですよ。その上、はちみつって健康面の効果も高いですからね。これだけ効果があるのだから、飲む価値結構あるのではないでしょうか。

 

●フルーツ配合タイプ
野菜ジュースなどでもありますが、フルーツが配合されているタイプは飲みやすさがあります。
野菜オンリーのものより確かにおいしいですよね。
これと同じことが青汁にも言えます。青汁にフルーツ成分を配合しているものは確かに飲みやすいというより、甘いんです。
青汁特有の青くささは全くないので、子供達にはかなり受けがいいでしょう。
青汁を飲んでくれない家族にもいいのではないかと思われます。
ヨーグルトに混ぜると、味がフルーツヨーグルトになるということで人気です。

 

青汁を比較して選びたいという方はこちら